女性ホルモン剤

女性ホルモン剤

女性ホルモン剤は更年期障害に苦しんでいる女性の方に処方される薬剤です。女性の身体に近づきたい男性の方も使われており、インターネット通販でも手軽に入手することが出来ます。しかし副作用等の問題がありますので一度お医者さんに相談してからの服用が絶対に必要だと言えます。更年期障害は男性にも発症いたしますが、ほとんどは女性ホルモンの分泌が減り始める頃の女性に多く現れる症状です。イライラや気分が落ち込むなどの精神的な症状と頭痛、のぼせ、肩こり、不眠、多汗などの身体的症状があらわれます。更年期障害におけるホルモン補充療法はプレマリンなどの女性ホルモン剤を経口服用する方法とクリマラなどの女性ホルモン剤を皮膚に貼って女性ホルモンを血管から取り入れる方法があります。副作用の面から言えば、パッチタイプでホルモンを補充する方が少ないと言えるでしょう。経口の場合は肝臓において吸収分解され様々な副作用をもたらす可能性がありますが、パッチは皮膚から直接血管に吸収されるため副作用は軽減されます。それまでの辛い更年期障害をホルモン補充療法によってかなりの人が軽減することが出来ますが、長期服用による弊害の報告もあります。乳がんの発生リスクが若干上がるとの結果が出ています。しかしホルモン補充療法を受けることによってさまざまな病気を予防できることも分かっています。予防できる病気は骨粗しょう症、認知症などで、更年期にはコレステロールが上昇しますが、それを抑えることも判明しています。

 

 

 

 

更年期障害に苦しんでいる女性の中には、美容面での悩みを持つ方も増えてきています。
年を重ねてくると肌やなどの衰えを感じてしまいますが、まつ毛の減少もその一つだと言えるでしょう。
しかしまつ毛に関しては、最近では効果の高い医薬品が出てきています。
グラッシュビスタはスカスカになったまつ毛をフサフサに変えてくれる外用薬です。
まつ毛にひと塗りするだけで10代の頃以上のまつ毛を取り戻してくれます。